痛くない脱毛

一番痛くない脱毛方法は何!?

”一番痛くない脱毛”をお探しのあなたへ。

 

脱毛サロン、エステサロン、クリニック、家庭用脱毛器・・・
脱毛の仕方は人それぞれ、さまざまです。

 

ですが、脱毛方法は大きくわけて以下3種類に分類されます。

 

  • 電気脱毛
  • レーザー脱毛
  • 光脱毛

 

脱毛には大なり小なり痛みが伴いますが、これら3種類の脱毛法の中で、
最も痛みが少ないのが光脱毛です。

 

光脱毛の次に痛くないのがレーザー脱毛、最後に電気脱毛になります。

 

 

脱毛に伴う痛み

光脱毛 < レーザー脱毛 < 電気脱毛

 

 

光脱毛、レーザー脱毛、電気脱毛の特徴、痛みの違いなどをまとめておくと
以下のようになります。

 

 

脱毛方法

仕組み

痛み

どこで行っているか?

 

光脱毛

毛に反応する光を照射し、光のエネルギーで毛根の細胞を破壊し、毛を生えてこなくさせる脱毛法

 

・脱毛サロン
・エステサロン
・一般的な家庭用脱毛器

 

レーザー脱毛

波長が短くエネルギーの強いレーザー光を毛根に照射し、毛根の細胞を破壊することで毛を生えてこなくさせる脱毛法

 
★★★

・美容外科
・クリニック(医療機関)
・トリア(家庭用脱毛器)

 

電気脱毛

 

毛根の1つ1つにニードルと呼ばれる細い針を当て、微弱な電流を針に流します。電気で毛根を破壊して毛を生えてこなくさせる脱毛法

 
★★★★★

TBC、ほか一部のエステ

 

 

エステで脱毛したり、クリニックで脱毛したり、家庭用脱毛器で脱毛したり、
脱毛の仕方にはいろいろ方法がありますが、脱毛方式は大きく分けて3つに分類されるということ。。

 

そして、3つの脱毛方法のうち、一番痛くない脱毛は光脱毛だということをまずは知ってくださいね。

光脱毛の中で一番痛くない脱毛方法は!?

レーザー脱毛や電気脱毛に比べて、光脱毛が一番痛くない脱毛だということは
よく知られていることです。既に知っていた人も多いと思います。

 

で、重要なのはここからです!

 

光脱毛は、脱毛サロンやエステサロン、そして一般的な家庭用脱毛器で用いられている脱毛法ですが、
光脱毛の中にもいくつかの脱毛方法があるのです。光脱毛にも種類があるのです。

 

代表的なものを3つ挙げると、

 

  • IPL脱毛(光脱毛)
  • SHC脱毛(光脱毛)
  • SSC脱毛(光脱毛)

 

この中で最も痛くない脱毛がSSC脱毛、次に痛くない脱毛方法がSHC脱毛、最後にIPL脱毛になります。

 

 

脱毛に伴う痛みの違い(光脱毛)

SSC脱毛 < SHC脱毛 < IPL脱毛

 

 

IPL脱毛、SHC脱毛、SSC脱毛の特徴や、痛みの違い、実際に行われているお店の名前
をまとめておくと以下のようになります。

 

 

脱毛方法

脱毛の仕組み

痛み

用いられている主なお店

IPL脱毛

(光脱毛)

メラニン色素に反応する光を照射し、繰り返し照射することで毛根の細胞を弱らせ、死滅させる脱毛法

 

★★★★

銀座カラー、エピレ、ラットタット、キレイモ、レイビス、

ジェイエステティック、C3

SHC脱毛

(光脱毛)

毛包に光の熱エネルギーを連続して与え、発毛を抑制する脱毛法

 

★★

ストラッシュ、ラココ

SSC脱毛

(光脱毛)

脱毛したい箇所に専用のジェルを塗り、光を照射します。ジェルに光を当てることでジェルの抑毛成分を肌に浸透させ、脱毛効果を得る方法

 

ミュゼ

 

 

ちなみに、ケノン等、一般的な家庭用脱毛器はIPL脱毛です。
家庭用脱毛器でもそれなりに痛みは伴います。

 

レーザー脱毛や電気脱毛に比べると痛みの少ない光脱毛ですが、
光脱毛にも種類があるということ、そしてその中で一番痛くない脱毛方法はSSC脱毛だということです。

 

SSC脱毛を用いている代表的な脱毛サロンと言えば、ミュゼプラチナムです。

 

 

 

 

なんだかんだ言って脱毛に痛みは伴うものです。
これまで痛さゆえに挫折してきた人も多いはず。

 

脱毛は継続して行うことがポイント!
痛いと続けるのが苦痛になって挫折してしまうのがオチですよね。

 

痛くても平気だという人は問題ないですけど、痛さに弱い人や肌が敏感な人は、
挫折しないように”一番痛くない脱毛”を選ぶのが賢い選択です。

 

 

”一番痛くない脱毛”はSSC脱毛です!

 

SSC脱毛を行っているのがミュゼです!

 

 

脱毛サロンやエステサロンの中でもミュゼが頭一つ抜きん出て人気なのは、
痛みが一番少ないからということも理由の一つです。

 

これから脱毛サロンに通い始める人も多いと思いますが、
”痛くない脱毛”で脱毛したいなら、選ぶべきはミュゼですね。

 

 

エステサロンで受けたレーザー脱毛が痛くて挫折した経験・・・

私が初めて脱毛をしたのは、今から7年前の高校1年生の時でした。
それまでは、カミソリでの処理を続けていました。
ですが、全体的に毛深いし、なおかつ範囲も広い為に、いかんせん億劫でした。

 

高校1年生になってアルバイトも始め、自由なお金が少し出来てきた私は、
エステサロンを経営する母を持つ友達に、脱毛施術を勧められました。

 

彼女の母は「スポット」という個人経営の脱毛サロンをやっており、
そちらであれば1部位5000円で施術をしてくれるとの事でした。
「友達の母であれば安心」と、私は快くお願いする事にしました。

 

気になっているのは、両ワキでしたが、これから夏が来るに当たって、
「ビキニラインの処理の手間等を考慮すると良いよ」と言われました。

 

その頃、丁度叶姉妹のヌード写真集が発売された頃で、
確かに綺麗に処理されたVIOは楽そうだし、ムレ等の衛生面も改善されると聞き、
勇気を出してVIOもお願いする事にしました。

 

そのサロンは、レーザー脱毛という方式を取り入れているサロンでした。
赤いレーザーを毛根の一つ一つに当てていくという施術で、
その都度「バチン」という音と焦げた様な匂いがしました。

 

両ワキに関しては基本的には輪ゴムではじかれた程度の痛みで耐える事が出来ましたが、
VIOに差し掛かると激痛でかなり辛かったです。
特にIラインの皮膚の薄いところは、声が出てしまう程痛かったのですが、
歯を食いしばるようにして耐えました。

 

レーザーは黒い色素に反応するようで、毛根が深い部分はレーザーも深く当たるようで、
施術後は所々出血してしまっているところもありました。

 

友達の母は手慣れた様子で処理をしていましたが、私は「血が出る程の痛みだったのか」と、
傷を見て改めて驚いてしまいました。

 

それからというものの、一ヶ月に一回通うように言われましたが、痛みに対して怖くなってしまい、
手間がかかっても自己処理で済ますようにしました。

 

機会があればまた脱毛処理を受けたいとは思いますが、出来れば光脱毛など違う方法が良いです。
特に皮膚の薄い部分へのレーザー脱毛は、「もう二度と体験したくないな」と思いました。

VIOをIPL(光)脱毛で脱毛したら超痛かった・・・

今から5年ほど前になります。

 

ワキと腕、足の脱毛を済ませ、せっかく脱毛をするなら
もう少し範囲を広げて脱毛しようということで、VIOラインの脱毛も行いました。

 

初めはVIOラインの脱毛は必要ないかな、と思っていたのですが、
Vラインに関しては定期的に自己処理をしていたので、自己処理の手間がなくなれば、
という軽い気持ちが脱毛をしようと思ったきっかけです。

 

ワキなどの脱毛をしたエステサロンで、継続という形でVIOラインの脱毛をしました。
そのエステサロンの脱毛方法はIPL脱毛(光脱毛)で、特殊な光を当てることで脱毛をはかります。

 

専用の紙ショーツに履き替え、脱毛をするときは紙ショーツを少しずつずらして行うので、
恥ずかしさはあまり感じませんでした。

 

ワキや腕、足の脱毛をしたときには痛みを感じることはほとんどなく、
今回も大丈夫だろうと思っていたのですが、その期待は裏切られることになりました。

 

ネットなどの口コミでも「VIOラインは痛みを感じやすい」というものを多く見かけてはいたのですが、
今までの脱毛経験から油断していました。

 

Vラインはワキなどに比べれば脱毛時の痛みはありましたが、
痛くて我慢できないほどというわけではなく、パチッとする感覚が強いという程度でした。

 

しかしIラインとOラインはVラインの痛みとは比べ物にならないくらいの痛みで驚きました。
痛みは一瞬ではありますが、突き刺すような痛みという表現が当てはまるような気がします。

 

痛みを感じた時にすぐにスタッフに相談し、出力を下げた状態から始めてもらい、
少しずつ出力を上げて脱毛を続けました。
毎回少しずつ出力が強くなっていけば、痛みにも少しずつ慣れていくので、
最後まで脱毛を続けることができました。