痛くない脱毛

エステティックTBCの電気脱毛はメチャクチャ痛い!!

私が痛かった脱毛を体験したのは、専門学校を卒業して社会人になった1年目のことです。
人より毛深い自覚がある私はもともと脱毛に興味があり、通うサロンを検討し始めていたところ、
友達にエステティックTBC脱毛無料体験のチケットがあるから一緒に行かない?
と誘われたので体験を受けてみることにしました。

 

TBCの電気脱毛がメチャクチャ痛かった。私の赤裸々告白!

 

体験の予約をとり、当日行ってみるとやはりエステ店であるだけあって、
とてもきれいで高級感のあるお店でした。
まずアンケートを記入し、脱毛方法についての説明を受けました。

 

TBCの脱毛方法はほかのサロンとは違い、従来の光を照射するタイプと
毛根に直接効くタイプのものを組み合わせて行うというものでした。

 

毛穴に髪の毛より細いプローブを挿し、少量の電気を流すことで毛根を死滅させるので、
その場で一本一本の脱毛が完了できる、と説明を受けました。

 

聞いただけで痛そうな内容ですが確実に脱毛ができるところに魅力を感じ、いよいよ体験を受けることに。
施術を受ける部屋は個室に分かれていましたが、簡素な作りで天井と壁の間があいていたため、
隣の部屋で施術を受ける友達と会話することができました。

 

そしてほぼ同時に施術開始。
予約の時に受けた説明通りムダ毛の処理は行わずに行ったので
脇を見せるのが少し恥ずかしいな・・・なんて思っていたら次の瞬間、
太い針を刺されたような痛みに襲われ、思わず「いたーい!」と叫んでしまいました。

 

電気を流した時の痛みで、1秒もかかっていないと思いますがかなりの衝撃でした。
隣の部屋の友達はそこまで痛くなかったようですごく笑われてしまいました。

 

こんなに痛いの、私だけ!?恥ずかしい!と思いましたが、
痛みに黙って耐えることができず施術が終わるまでひたすら痛い痛いと言い続けました・・・。

 

声に出すことで少しは痛みを紛らわすことができたと思いますが、
テレビや雑誌などで紹介されていたような輪ゴムでパチンとされたぐらいの痛みしか
想像していなかった私には痛すぎる体験でした。

 

電気タイプの脱毛は数分で終わり、光を照射する脱毛に移る前に
残ったムダ毛をスタッフが丁寧に剃ってくれます。
光を見ないように目隠しをされ、機械であててもらいましたが
こちらは全く痛くなく、少し温かいなと感じる程度でした。

 

体験後、入会についての説明を受け、叫ぶほど痛かったのですが施術後の脇を見て、
本当に1回の施術でここまでムダ毛がなくなるんだ!と思いコース入会しました。

 

何度か通っているうちに痛みには慣れることができましたが、その日の体調や、
行うスタッフによっても感じる痛みには違いがありました。